IT機器において、タワー型のデスクトップPCを選ぶことがあります。拡張性が高いので、機能が追加できます。

買って良かった!IT機器とパソコンソフト

IT機器でタワー型のデスクトップPC

PAGETITLE
自分で好きなようにカスタマイズできるものがあります。最初は標準的な装備が付いていますが、必要に応じて、機能をアップするために部品などを付け加えることが出来るのです。本来であれば、別のことがしたければ新たに買いなおさないといけない場合がありますが、付け加えることによって変更できるのであれば、その必要はありません。最初はあまりお金がない場合に、安いものを購入して、お金ができたときに機能を追加することもあります。

IT機器において、タワー型のデスクトップPCがあります。通常は横置きにして、その上にディスプレイを置いたりすることがありますが、タワー型の場合それは出来ません。置き場所としては、机の下などに置くことが多いです。以前はフロッピーディスクやCDROMの出し入れなどを頻繁に行うため机のうえにあったほうが便利でしたが、今はほとんどハードディスクで済ませることが出来ます。電源を入れれば、後は触る必要がなくなっています。

このタワー型のメリットとしては、拡張性が高いことです。タワー型と言われるぐらいですから、上からいろいろな部品が付いています。マザーボードやハードディスクです。でもそれらが一杯になった状態で売られることはありません。別の部品を取り付けるところが多く残っているのです。追加のハードディスクを取り付けたり、グラフィックに関するボードを取り付けたりすることが出来ます。現在付いている部品の交換も行えます。